●光と風と、地中熱まで取り込んだ快適空間の古民家●平成27年●

古き良き時代との調和で感動をさそう古民家

*お施主様の声*
二年程前の耐震診断で、我が家の築二十年の主屋は問題無しでしたが、主屋に繋がる築七十年以上の二階建て部分が基準以下でした。県外に住む子供たちが帰省した時に居間や寝室として安心して使えるように建て替えを考え、MIタウン企画部さんに見積りをお願いしました。 その時に社長さんより『木は刈り倒された後、.長い年月を経て強度を増していくので、お宅の木材はまだまだ強くなっていきますよ』よのお話を伺い、目からウロコ!でした。古い家は取り壊すものと思っていたからです。
それから、私たちも古い家の良さを見直し、外観はそのまま残し、耐震補強や断熱等の工事を行うことにしました。亡き両親や祖父母の代に建てた部分を生かして再生された部屋は、気持ちが落ち着きます。建てた当時の家族の想いが残る家にして、本当に良かったと思います。有難うございました。
古民家再生でここまで出来るの⁉
        と思うくらい、あらゆる素材を生かした家となりました!
ビフォー・アフター

before

after

before

after

before

after

before

after

アフター

梁を出すことで広い空間に

家族の存在を身近に感じられる吹抜け

吹抜け部