●山頂から街を見守り、時代をつなぐ!●令和2年●

古来の英知(地中熱)で元気が蘇った、大豊町東田の古民家

*お施主様の声*
 私達が祖父母の遺してくれた家で暮らしたいと思ったきっかけは、庭からの眺めの良さでした。 古民家に漠然とした憧れはもっていたものの、現実的に考えてみると、築年数や良いとは言えない立地条件など、本当にこの家のリフォームが可能なのだろうかと不安でした。リフォームの知識のない私達はインターネットで色々と調べている時、MIタウン企画部さんのホームページに辿り着き、まずはメールをしてみました。後日、家を見て頂き『きっと良い梁が出てきますよ』と、前向きで心強いお返事を貰えてとても安心した事を今でも覚えています。私達の希望は、「寒さ対策・耐震・別棟とつなぎたい」でした。その後、何件もの内見会にお伺いしましたが、自分たちの生活や家に当てはめる事ができていなかった為、工事が始まってからの変更も何か所もお願いしました。それでもスタッフの皆様が親身になって考えて下さり、その度に理想の我が家に近づいています。私達にとっては、どんなふうに変わっていくのかを想像したり、悩んだりする時間はとても楽しいものでした。きっと生活を始めてから気付くこともあるのだと思いますが今では、その時はまたMIタウン企画部さんに相談すれば大丈夫! そう考えています。先祖の遺してくれたこの家を大切にして、この家で暮らす時間も大切にしていこうと思います。
景観の良い北面大開口の不思議な魅力と居心地の良い居住空間、
  そして古民家と古家の連結により全体の利活用ができるようになりました!
ビフォー・アフター

before 外観

after 外観

before 外観

after 外観

before

after

before

after

before

after

アフター

元々トイレだったところが玄関になりました

一望できる大開口

ちょっとした食事はキッチンカウンターで

キッチンで一休みもできちゃいそう

寒かったお風呂も、ユニットバスで心地よく入れるようになりました

梁見出しにし広い空間になりました

トイレは可愛い壁紙に


『先祖の家を住居(すまい)を継ぐ、感謝の日々を送りたい♡』

(大豊町)大田口の駅の真南の山の頂き近くに建っている150年を超す古民家を心優しいご夫妻に見せて頂き、大感動でした。矢切の部の彫刻や、入母屋のむくり、そして、細やかな中にも大胆な木材の加工。そして、150年の年月が醸し出す底知れない、人を惹きつける魅力。驚いたのは、北向きに大きな開口を取って、眼下に街が一望できる事でした。地形、地の利を生かして、建て方、配置に現代人の忘れかけている大切な価値観を教えてくれている建物でした。その敷地に一歩足を踏み入れると、一瞬にして人を引きつけ虜にしてしまう庭と、景観と室内空間です。心が洗われる瞬間です。きっとあなたの中に眠っている『やさしさ』も『感動』も呼び起こされるのではないでしょうか?

ぜひ、希少価値のある古民家の魅力を存分に堪能して頂ければと思います。

 

ハッピーライフ‼

MI研究会 塾長 片岡正治